雨漏りと結露の違いや見分け方を解説!天井からの水滴は危険サイン?

住まいのトラブルの中でも、雨漏りは本当にやっかいな問題です。

雨漏りに気づくと悲しくなりますが、ボーっとしてばかりいられません。

初めて雨漏りを経験する人にとっては「どうしたら良いの?」と不安になりますよね。

でも、その症状は本当に雨漏りでしょうか?

 

もしかしたら雨漏りと思っていた正体は「結露」かもしれません。

この記事では、雨漏りと結露の違いと見分け方について解説していきます。

雨漏りと結露の特徴|基礎知識

雨漏りは、屋外から雨水が家の中に入ってくる症状。

原因は、家のどこかに劣化や破損した場所があるから。

 

それに対して結露は、家の中の水蒸気が水滴になったもの。

結露は温度差によって引き起こされる、あくまでも自然な現象です。

 

雨漏りは汚れが混ざって不衛生な状態

雨漏りは雨水が家の中に入ってきてしまうもの。

本来は、あってはならない症状です。

気づいたらすぐに修理を依頼しましょう。

 

雨漏りの水滴は、屋外から家の中に入ってきたもの。

透明に見えても、屋根や外壁の汚れが混ざっていることもあります。

そのため、雨漏りの水は基本的に不衛生なので、注意が必要です。

 

ただし、基本的に雨が降らなければ発生しないともいえます。

 

結露は自然発生で起こる現象

結露は、空気中に含まれている水蒸気が水滴になったもの。

雨が降っていなくても発生します。

 

湿度が高いからといって、発生するとは限りません。

 

ポイントは「温度」です。

暖かい空気が冷やされると、空気中の水蒸気が水滴に変わります。

 

室温の変化が激しいバスルームで発生しやすいのは、シャワーや湯気の影響のため。

外は寒くて家の中は暖かい、そんな冬に発生しやすいのも特徴です。

 

結露は、あくまでも自然現象です。

ですから結露そのものは、汚くありません!

ただし、結露が乾燥しなければカビが発生する原因になることも。

雨漏りのように不衛生ではありませんが、油断は禁物です。

 

猫シャッチョ

それでは簡単に、雨漏りと結露の見分け方を説明するニャ〜

 

雨漏りは水滴が落ちてくるスピードが早い

雨が降り始めたら水滴がポタポタと落ちてくるスピードは早く、水滴が連続で続いている・・・

そんなときは、雨漏りの可能性が高いと言えます。

 

結露はゆっくり水滴になる

雨が降っていないのに水滴がポタリ。

結露は温度差で発生するため、ゆっくり水滴になるのが特徴です。

 

雨漏りか結露か見分けが困難なケース

天井裏などに雨水が溜まってしまうと、雨とは関係なく水滴が落ちてくることもあります

そんなときは、たいていは水滴が汚れています。

茶色だったり、黒かったり・・・パッと見、なんとなく、色がついているの分かるという感じです。

 

自分や家族から見て、「雨漏りなのか結露なのか分からない」ときは、迷わず雨漏り修理の専門家に診断してもらいましょう。

雨漏り修理の専門家が存在するのは、雨漏りを修理してくれるからだけではありません。

その症状が雨漏りかどうかを、正確に判断できます!

もちろん雨漏りも結露も、解決できます。

 

『どうしよう』と不安になるより、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

▼雨漏り修理110番に無料で相談してみる▼
※相談するだけなら無料!

雨漏りと結露の簡単な見分け方

雨漏りと結露を見分ける方法とは?

なんといっても、専門家による診断には、かないません。

 

けれども、次の点だけをチェックすれば、おおよその見分けがつくと思います。

緊急で困ったときや、いつも発生するとは限らないなんていうときに、参考にしてみてくださいね。

 

天井や壁に穴があるはほぼ雨漏り

天井や壁に穴があるのは、そもそも不自然です!

雨漏りとは関係なく、早急に確認して修理するのがおすすめ。

雨が降っている日に穴から水滴が落ちてきているなら、ほぼ雨漏りです。

 

亀裂(ひび割れ)がある場合はほぼ雨漏り

天井や壁などにある亀裂やひび割れは、見た目も良くありません。

穴と同様に、早急に修理をしましょう。

 

雨が降っている日に、亀裂から水滴が落ちてきている場合はほぼ雨漏りと見ていいでしょう。

 

隙間がある場合は水滴の状態で雨漏りと結露で区別しよう

つなぎ目や、窓枠など、住まいを観察すれば隙間があるもの。

正しい施工であれば、決して不自然ではありません。

 

とくに窓は屋外と室内の温度差で結露が発生しやすい環境です。

雨の日に隙間から水滴がポタポタと落ちてくれば、ほぼ雨漏り。

ですが、ゆっくり水滴が発生しているだけならば結露の可能性が高いです。

 

なにもないのに水滴だけ発生しているのは結露

たとえば、バスルームの天井。

穴も亀裂も隙間も、なにもないのに水滴だけが発生している!

まさに、これは結露です。

 

雨漏りや結露が発生しやすい場所まとめ

雨漏りが発生しやすい場所

屋根に穴が開いているなら、その真下…と言いたいところですが雨漏りはどこで発生するかわかりません!

その理由は、雨水が屋根の穴から入ってきても、建物内部の柱や梁を伝わっていって、どこに流れて落ちるのか未知数だからです。

 

布や紙にしみこんだ水は、下から上へも進めます。

木材に浸み込んだ水も、あらゆる方向に進むことができます。

 

雨が降っている日に限ってポタポタと滴り落ちる水。そんなときは、どの場所で発生していても雨漏りを疑ってみましょう。

 

結露が発生しやすい場所

屋外と屋内の温度差が激しくなる場所は、結露が発生しやすいです。

バスルームトイレ洗面所、など。

狭い空間だとか水を使う場所が多いのが特徴と言えます。

 

結露が発生しても、乾燥すれば問題ありません^^

ただし、結露が乾燥せずに、いつまでも濡れているとカビが発生してしまうこともあるので要注意!

窓を開けたり、換気扇を回したり、通気性を良くすれば解決できることも多いので、空気の循環は意識しましょうね。

 

まとめ

この記事では雨漏りか結露の見分け方についてご紹介しました。

パッと見た限りでは正確に見分けられないこともあるかもですが、雨漏りは不自然(不具合)ですが結露は自然現象と覚えておきましょう♪

 

雨漏りと結露、どちらにしても住まいにとってはデメリット・・・(><)

どちらか分からない人ももちろん、雨漏りかなと不安な人は専門家に正確に診断してもらってみては、いかがでしょうか。

 

不安に感じている時間が長ければ長いほど、雨漏りであれば悪化していきます。

早めに解決して、被害拡大を防ぐようにしましょう♪

▼雨漏り修理110番に無料で相談してみる▼
※相談するだけなら無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!