雨漏りは放置するとどうなる?健康への影響や害虫発生に注意!

【タイトル画像】雨漏りは放置するとどうなる?健康への影響や害虫発生に注意!

雨漏りは建物の内部を湿気がちな環境にします。

暗くて湿度の高い環境は害虫が好むため、放置していると健康被害につながってしまいます。

 

今回の記事では、雨漏りを放置した場合に想定される「健康への悪影響」についてをご紹介します。

どのような害虫が発生しやすいのかを理解したうえで、もしものときは早めに雨漏りを修理しましょう。

雨漏りを放置した場合 2つのリスク

雨漏りを放置してしまうと、家族をはじめ、ペットの健康と住まいの安全に対してリスクが発生します。

 

リスク1. 健康問題

雨漏りを放置してしまうと、過剰な湿気が建物の内部にたまってしまいます。

その結果、カビが発生することに。

最初は見えない場所にしかカビが生えていなくても、過剰な湿気が慢性化してくると壁紙の表面にもカビが発生するようになります。

カビを吸い込んでしまえば、肺などの呼吸器官にダメージ。健康を害する要因に!

 

でも、雨漏りが原因のカビは、表面を拭くだけでは除去できません。

壁紙の表面だけをカビ除去しても、すぐにカビが発生します。

壁材の内部が慢性的に湿っていて、カビの胞子も菌糸も大繁殖してしまっているからです。

すでに壁紙を突き抜けて広がっている、と思ってよいでしょう。

 

建物の内部が湿気が過剰なので、いつもジメジメしてしまいます。

猫シャッチョ

壁紙を触ったときに、ふにゃりと柔らかいときは要注意ニャ!
雨漏り放置でカビが繁殖すると・・・

建物の内部で大繁殖したカビが壁紙の表面にも広がり始める!

 

リスク2. 住まいの安全

雨漏りを放置すれば、建物の内部が濡れてしまうため、さまざまな劣化が進みます。

特に木材は腐敗し、金属はサビてしまいます。

木材は乾燥すれば多少は環境が改善されますし、金属はサビたからといってすぐには壊れません。

 

問題なのは、石こうボード。石こう素材は、水濡れ厳禁です!

たった一度でも雨漏りで塗れてしまえば、耐久性を失ってしまいます。

耐久性が失われると、建物の振動や歪みに耐えられなくなるデメリットがあります。

猫シャッチョ

石こうボードは水に濡れると地震に弱くなり、台風など強風に吹かれて建物が歪めば、石こう素材は破損してしまうリスクが高いのニャ。

 

雨漏りを放置すると、水濡れ厳禁の素材が塗れてしまい、耐久性が失われ建物が弱くなる場合もあるので、放置せずに対処しましょう。

石こうボードは交換リフォームできますよ♪

柱や梁の交換に比べれば安価ですので、是非チェックしてみてくださいね!

 

▼雨漏り修理110番に無料で相談してみる▼

※相談するだけなら無料!

雨漏り放置で健康に悪影響!気をつけたい2つの要素

雨漏りを放置していて、健康への悪影響で怖いのが「カビと悪臭」

カビは湿気過剰が原因で繁殖し、悪臭は不衛生な状態で発生し、カビや菌、さらには害虫が原因です。

それぞれの健康への影響を見ていきましょう。

 

1. カビ

カビは呼吸器官へのダメージにつながります。

カビの胞子は見えにくいので、気づくのが遅くなってしまいがち。

晴れているのに、家の中が乾燥しにくくてカビ臭いなと感じたら、要注意です。

環境がカビで悪化すると、ふだんからセキが出るようになってしまいます。

 

2. 悪臭

悪臭は不衛生な環境のあかしと言えるでしょう。

悪臭の原因は、カビだけではありません。腐敗した木材が原因の匂いや、害虫のことも。

衛生害虫は暗くて湿った場所を好むため、衛生害虫が大繁殖してしまうと、特有の悪臭が漂います。

衛生害虫の体液や油脂分が悪臭を放つからです。

「雨漏りのシミ」だと思っていたら、衛生害虫の体液やネズミの尿という可能性もあるので注意しましょう。

 

雨漏りの放置が原因!?気をつけたい3つの症状

雨漏りによるカビの繁殖は、カビの胞子を吸い込んでしまったり、害虫が原因の悪臭や、さらには悪性の菌による感染が心配です。

風邪でもないのに、せきが止まらなくなったり、心当たりのない皮膚病も。

病院で診察を受けても原因のハッキリしないことも多く、カビには注意が必要です。

 

その1. 肺ノド鼻など呼吸器官

風邪でもないのにセキが止まらなくなってしまったら、吸い込んでしまったカビの胞子が原因かもしれません。

いつもとは違う、むせるようなセキの症状が出てくることも。

 

慢性化すると色のついたタンが出たり、タンが詰まって呼吸が苦しくなる心配もでてきます。

鼻炎でもないのに鼻水が止まらなくなったり、くしゃみが頻発するときも要注意です。

蓄膿症のように、汚れたような色がついている膿がドボリと鼻から出ることも。

 

その2. 皮膚

カビは皮膚にダメージをもたらすことがあります。

しっかりシャワーを浴びたり、お風呂に入って清潔に暮らしているのに皮膚病になってしまうことも。

カビが原因で、手や足が炎症を起こしたり、かゆみが止まらなかったりすると、生活にも支障が出ます。

皮膚科に診察したとき、カビが原因かもと指摘されたら要注意です。

 

その3. 目

意外に気づきにくいのが、目のトラブル。

雨漏りが原因で天井裏にカビが大繁殖すると、天井板の表裏どちらにもカビが発生してしまうことがあります。

カビの胞子や菌糸などが降り注いでいる状態です。埃よりも小さいので、肉眼で気づくのは困難。

目の充血や、かゆみ、ドライアイと勘違いすることも。

目薬を処方されているのに、なかなか症状が改善されないときはカビなどの要因を疑いましょう。

 

雨漏りで発生しやすい!3種類の害虫

暗くて湿った環境が好きな害虫は、雨漏りを放置していると大繁殖してしまう可能性もあります。

とくに要注意なのが、「シロアリ」「キクイムシ」「ゴキブリ」の3種類です。

 

その1. 住まいや家具にダメージ! シロアリ

シロアリは、もともと土の中に自然に生息していますが、庭や道路、空き地にも生息しています。

腐敗した木材の匂いを嗅ぎつけて、建物に侵入してくるときは、外壁や雨どい、屋根も伝ってきます。

 

シロアリは顎が強いのも特徴で、コンクリートもかみ砕いてしまいます。

住宅のコンクリート基礎をかみ砕いて、そこから建物の内部に侵入できるわけです。

エサとして食べるのは木材ですが、強力な顎でコンクリート基礎を砕けるので、建物の内部の至る所に現れます。まさに神出鬼没です。

 

その2. 倒壊の危険性も! キクイムシ

キクイムシは、輸入家具や集成材の内部に潜んでいることが多いです。

少なければそれほど問題にならないのですが、雨漏りで建物の内部が湿っていると、木材を好んで食べ始めてしまいます

エサとなる木材が多ければ一気に繁殖する上に、白アリよりも行動スピードが早いため、短期間で柱や梁を食べつくしてしまうことも。

日光を嫌うので室内に姿を現すことはありません。

しかし、木材の表面だけ薄く残して、中身を食べつくしてしまう光景は、寒気がします。

もちろんリフォームが必要になりますので、危険な害虫です。

 

その3. 衛生害虫特有の悪臭も! ゴキブリ

ゴキブリは屋外から侵入してくることが多いです。

こまめに室内を掃除しているのに、どうしてゴキブリが出るんだろう?と疑問に感じたことはありませんか。

雨漏りが放置されて、建物の内部で木材の腐敗が進んでいると、その匂いを嗅ぎつけてゴキブリが通気口や隙間から侵入してくる可能性があります。

 

安心するのは早い!気をつけたい2つのポイント

室内をキレイに清掃していても、害虫が繁殖してしまうことはあります。

とくに雨漏りで塗れたままにしている建物の内部に入り込むと、エサとなる木材が豊富な環境だけに大繁殖してしまいます。

 

ポイント1. 益虫なら大丈夫?

益虫と呼ばれる虫もいます。住まいの代表的な益虫は、クモです。

害虫を食べてくれる益虫は、ありがたい存在です!

人間にとっての害虫を食べてくれます。

 

ただし、益虫といえども、多すぎるのは困りもの。

なぜかというと、益虫が害虫を食べると、その残りカスが建物の内部に蓄積されるからです。

害虫は食べてくれるのはありがたいのですが、その残りカスは放置されてしまうため、なんとも言いようのない悪臭につながります

 

害虫が少なければ、クモも少ないです。

益虫であるクモが多いと感じたら、「どこかに害虫が繁殖しているのでは?」と疑ってみてはいかがでしょう。

 

ポイント2. 益虫を狙って害獣が繁殖してしまうことも

害虫を狙って益虫が集まってくると、さらにその益虫を狙う生き物(害獣)もいます。

代表的なのがネズミです。

 

ネズミの糞尿は悪臭の原因になるばかりか、悪性の菌を繁殖させることにもつながります。

天井裏にネズミが繁殖すると、糞尿の悪臭が天井から漂ってきます。

消臭スプレーでは消すことのできない悪臭です。

 

天井のシミの原因の見分け方

シミだけなら雨水の可能性が高いですが、悪臭もするならネズミの糞尿かもしれません。

→見分けるには、専門業者に無料調査してもらうのが確実です。

 

▼雨漏り修理110番に無料で相談してみる▼

※相談するだけなら無料!

雨漏り修理と同時にシロアリ駆除剤の散布をすると安心

雨漏り修理をするときに、可能であればシロアリ駆除剤も散布しておきましょう。

 

シロアリ駆除がおすすめの理由

雨漏り修理の専門業者は、シロアリ駆除も行っている場合があります。

雨漏り被害とシロアリは、密接な関係だからです。

最初からシロアリ駆除を依頼するのではなく、雨漏り修理の見積もりの過程で、悪臭の原因を調べてもらうと良いでしょう。

シロアリの痕跡が見つかったら、駆除をしておくと安心です。

 

シロアリ駆除のメリット

雨漏りが進行していて、シロアリが繁殖した形跡があるなら、シロアリ駆除剤を散布しておくのがおすすめです。

卵ごと駆除の効果が発揮されます。卵があっても、孵らなくなるからです。

シロアリ駆除で用いられる住宅用シロアリ駆除剤は、安全な濃度に調整されています。人間とペットの健康に配慮されているので安心です。

 

ポイント
雨漏り修理だけでは害虫駆除はできないと覚えておきましょう!

 

シロアリ駆除はネズミにも効果を発揮!

シロアリ駆除剤は、他の衛生害虫にも効果があります。

ネズミに対する予防効果も高いので、かなり万能です。

悪臭が気になっているときは、業者さんに相談してみましょう。

天井裏や、配電盤の裏など、チェックしてもらえます。

 

ポイント

雨漏り修理とシロアリ駆除の組み合わせは相乗効果!

健康対策と住まい改善、どちらにも最強です!

 

まとめ

雨漏りを放置していると、害虫が好む環境になります。

今回ご紹介したように、雨漏りは放置すると健康への影響や害虫も発生してしまいます。

百害あって一利なし!それが害虫です。

できるだけ早く雨漏りを修理して、家族が健康的に暮らせる環境に回復させましょう。

 

▼雨漏り修理110番に無料で相談してみる▼

※相談するだけなら無料!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!