柿の木の剪定時期や手順方法は?注意する点やポイントまとめ!

【タイトル画像】柿の木の剪定時期や手順方法は?注意する点やポイントまとめ!

柿は昔から人気のある庭木で、「ももくり3年、かき8年」と言われるように、柿が実るには時間がかかります。

でも、それは種から育てた場合のこと。

ある程度育っていれば、むしろ成長は順調で、毎年たくさん柿の実がなります。

 

今回の記事では、柿を上手に育てたい人には剪定における注目ポイントを!

柿の木が育ちすぎて困っている人には、思い切った剪定と剪定後の育て方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

柿の木の基礎知識

柿は落葉樹です。

 

花が咲くのは、5月中旬頃となります。

 

夏に、葉が大きく茂ります!

 

果実が実るのは、9月~11月。

 

紅葉してから落葉します。

夏の暑さにも、冬の寒さにも強く、庭に植えたら自然に育つので管理そのものは楽です。

 

柿の特徴

✔︎落葉樹

✔︎耐暑性・耐寒性があり

【タイトル画像】常葉樹と落葉樹の違いや見分け方は?特徴や手入れ方法をチェック!常葉樹と落葉樹の違いや見分け方は?特徴や手入れ方法をチェック!

柿の木を剪定するポイント

柿の木の剪定は、葉が落葉している期間に行います。

柿の実をつけるためには「果実を実らせるための剪定」がポイント!

ここでは、柿の木を剪定するポイントをご紹介します。

 

落葉樹としての剪定

柿の木は落葉している12月から翌年3月までが、剪定するタイミングです。

大きくなりすぎた柿の木を、大胆に切り戻した場合は、翌春は枝が勢いよく出てきます。

猫シャッチョ

コツは「枝と枝がぶつからないように仕立てる」ことニャ♪

新しく伸びた枝が古い枝や幹にぶつかってしまったら、ぶつからない長さに戻すように剪定しておくと安心です。

枝の剪定ポイント

✔︎落葉期間中の【12月~翌年3月】までに!

✔︎枝と枝がぶつからないように仕立てるのがコツ

 

落葉期間じゃない春の剪定の注意点

5月の花が咲くころに、まったく花が咲かなかった枝は、根元から切っておきましょう。

春から育ち始めた新しい枝のなかで、先端のほうを選びます。

その場合は、「今年の新しい枝」に限定するのがポイント。

春から夏にかけて剪定すると、すぐに小さな枝が生えてくることがあります。

勢いが強すぎて樹形が崩れるなと感じたら、そのたびに剪定しておきましょう。

 

剪定で避けたいのは真夏の剪定!伸びすぎたら葉を落とそう

落葉樹は、真夏の剪定は必要最小限にとどめましょう。

とはいえ、うっかり剪定し忘れて春を迎えた場合は、ジャングル化してしまうリスクがありますよね。

幸い、柿の木は「耐暑性」が強く、寒さにも暑さにも強いので多少は大丈夫!

 

ポイントは「葉を落とす」ような感覚で。

新しくて細い枝だけを剪定します。

ただし、今年になってから新しく伸びた枝だけにしてください。

明らかに昨年までに育っている太い枝や幹は、いじらないこと!

 

太い枝を切ると、樹液が切り口からこぼれてきます。

切り口を塞いでも、樹液や蜜の匂いに反応して虫が集まりやすくなります(><)

生い茂っている葉に、害虫がコロニーを作ってしまうリスクも・・・。

 

どんなに耐暑性が強くても、太い枝や幹を切れば、柿の木そのものが弱ってしまいます。

弱った状態は、病気や害虫の発生リスクが高くなるので要注意ですよ!

 

果樹としての剪定

落葉すると、幹と枝と果実だけになります。

落葉してからも、しばらくは柿の実がついています。

柿の実は細い枝先に実りがち!

そこで、柿の実を収穫するときは、「枝ごと折る」という方法があります。

 

「枝ごと折る」のは、あくまでも「柿の実がついた新しくて細い枝」の箇所です。

収穫と、簡単な剪定を同時に行えます。

すると、枝を剪定するときには、すでにある程度の枝が減っていることになります。

折った枝は、枝を強引に切らずに柿の実だけを収穫しても大丈夫です。

 

すでに落葉期間中であれば、折れた状態のままにしておいても、枝は腐りません。

「今年この枝に実がついた」という目印になります。

今年の実がついた枝には、来年は実がつきません。

「来年、柿の実がつかない枝」を合理的に剪定できるようになります。

果樹ならではの剪定ポイント

✔︎柿の実を枝ごと折る

✔︎新しくて細い枝と一緒に柿の実を収穫すれば簡単な作業で済む

 

果実を実らせるための剪定は?

柿の木が庭に植えてあると、「今年は豊作だ」と思う年もあれば、「ぜんぜん実らない」と感じることもあるのでは?

どうしたら柿の果実を、上手に実らせることができるでしょうか。

知っておいて損はなし♪お得なポイントをご紹介します。

 

柿の枝は3年単位でみよう!

柿の木の枝は、枝ごとに3年単位の時間を意識してみましょう。

■3年単位の見方

 

  • 昨年=1年目
  • 今年=2年目
  • 来年=3年目

昨年に育った枝を残しておくと、今年さらに枝が伸びます。

今年、伸びた枝に柿の実がつきますが、その枝は来年は実がつきません

 

どの枝に柿の実がつく?

昨年と今年2年間かけて育った枝に、柿の実がつきます。

実がついた枝には、来年は実がつきません。

 

枝の長さを調整する

先ほども紹介しましたが、柿の実をつけさせるにはその枝を2年間かけて育てる必要。

その2年間の間、まれに枝がとんでもない長さに成長してしまうことがあります。

 

そこで、1年目の枝は放置せずに、「ここから先に伸びてほしい」と思える位置を決め、そこで剪定しておきます。

剪定した位置から、2年目の生育が始まります。

 

実らせたい枝を残す

柿の果実を実らせたい枝の状態にも注目して、その枝を優先的に残しましょう。

その場合は、

  • 昨年=1年目に育った枝の部分が太くなっている
  • 今年=2年目さらに枝が伸びると想定する、幹や他の枝にぶつからないと予測できる
  • 今年の秋冬に収穫
  • 来年=3年目は実らない

という流れを意識します。

2年間かけて枝を育て、2年目で柿の実を収穫。3年目は実がつきません。

 

大きくなり過ぎて切り戻すなら

柿の幹の高さを抑えるために、伸びた枝を途中で切って形を整える切り戻しをしましょう。

柿の木は落葉樹なので、落葉している期間中は、幹そのものをノコギリで剪定して、高さを調整できます。

 

切り戻しは落葉期間中に限る!

幹の切り戻しは、必ず落葉期間中に行いましょう。

落葉期間中は、休眠している状態です。

幹を切っても、樹液がこぼれてしまうリスクが、ありません。

切り戻した位置から、再び新しい枝が芽生えてきます。

 

切り戻し剪定をしたら枯れてしまった!その理由は?

例えば、柿の木があまりにも高くなってしまったときは、手が届きそうな高さほどに切り戻す方法もあります。

ただし、極端に切り戻すときは、専門家・業者に相談してください。

というのも、新芽が出てこない位置まで切り戻してしまうと、光合成できる葉が出てこないからです。

 

新芽が出る枝が残っているからこそ、大きく切り詰めても大丈夫。

しかし、新芽が出なくなれば、木が枯れてしまいます。

必ず「ここから新芽が出るはず」とわかる枝を何本か残すようにしましょう。

 

切り戻し剪定したら土に栄養を!

とくに果樹は、たくさんの栄養が必要とされます。

光合成できる葉が極端に少なくなってしまえば、生命力が弱まってしまうことに。

小さな剪定であれば、特別に肥料を与えなくても良いのですが、幹を大胆に切り詰めるときは、肥料を与えておきましょう。

 

枝を横に伸ばせば柿の実は豊作に!?

柿の木は、古来より非常食にできることから、飢饉対策で庭や畑の隅に植えられてきました。

基本的に苦労せずに育てられます。

ただし大きく育ちすぎると、収穫が大変です。

 

柿の木の育て方は意外と簡単?

柿の木そのものは、放置していても勝手に育つことが多いです。

森林や荒れ地には、野生の柿の木も少なくありません。

ただし、どんどん空に向かって、おおきく育ちますので、庭で育てるときは高さを抑える工夫が求められます。

 

農家の育て方がヒントになる!?

柿の木の育て方は簡単ですが、そのまま大きく育ててしまうと、柿の実が高い場所だけにつくようになってしまいます。

それでは収穫が大変!三脚や脚立では手が届かずに、大きなハシゴが必要になることも。

そこで、柿の木を育てている農家では、幹を低く抑えて枝を横に広げるように工夫しました。

その結果、枝を横に広げたほうが、たくさんの柿の実がつきやすいことが判明。

そのため、庭木では高く育っている柿を多く見かけますが、農家の果樹園では低木も多いです。

 

たくさん柿の実がつくのは横方向!

上へ上へと伸ばすのではなく、横へ横へと意識してみてください。

横方向に伸びても、隣の敷地や道路に出て行かないように注意するのがポイント。

高さを抑えて豊作に!?
横方向に育てた枝に柿の実が多くつきます

まとめ

柿は基本的に、そのまま放置していても育ち続けます。

3年単位で枝を意識するようになれば、「今年は実がつく」「来年はつかない」と予測できるようになります。

柿を収穫したいときは、「2年間かけて枝を育てる」ことを意識すると良いでしょう。

高さを抑えて、横方向に枝を伸ばすと柿の実は豊作になります。

 

▼剪定にお困りの方はこちら▼


\剪定110番で無料で相談も/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!