雨漏り修理業者おすすめランキング!徹底比較で違いをチェックしてみた!

【タイトル画像】雨漏り修理業者おすすめランキング!徹底比較で違いをチェックしてみた!

雨漏り修理は専門的な分野なので初めて雨漏りを経験した人にとっては、

  • どこの業者に依頼すればいいのか
  • 費用はどのくらいになるのか
  • どういう修理をしてくれるのか

などなど、わからないことが多いですよね。

ホームページを見ても書き方やお薦めのポイントも違うし、何と言っても何を基準に選べばいいのか悩んでしまう!

今回の記事では、失敗しない雨漏り修理業者の選び方や、雨漏り修理業者をピックアップして徹底比較していきたいと思います。

 

▼雨漏り修理110番に無料で相談してみる▼
※相談するだけなら無料!
 

失敗しない雨漏り修理業者の選び方|ポイント6つ

実績と社会的信用がある業者を選ぶ


引用:雨漏り修理110番 公式HP

ポイント
  • 顧客満足度のリサーチを第三者サービスが証明している
  • 広告塔に有名な芸能人を使っている

顧客満足度や価格満足度のリサーチを第三者の企業であるゼネラルリサーチさんが行なっていることがポイントです。つまり自称では無いということですね。

また広告塔に有名芸能事務所のタレントさんを使っている点も、社会的信用がある雨漏り業者さんじゃないと起用OKにはならないので、ここも優良な業者選びのポイントになります。

 

有資格者がいる業者を選ぶ

引用:雨漏り修理110番 公式HP

ポイント
  • 専門知識のあるスタッフが対応してくれる
  • 雨漏り診断士などを保有した有資格スタッフが対応してくれる

雨漏り修理を価格だけで安易に依頼すると、修理が完璧ではないために再発してしまったり、何かとトラブルが多いです。

なので、修理を依頼するときには、雨漏り修理に詳しい「雨漏り診断士」「建築板金基幹技能者」といった資格も持ってる職人さんが対応してくれるかもチェックしましょう。

 

現地調査を無料でしてくれる

ポイント
  • 素人ではわからない雨漏りの原因を調査してくれる
  • 業者と直接会えるので、対応の仕方や説明のわかりやすさもチェックできる

雨漏り修理業者の中には、現地調査をせずに見積もりを出してくる業者もいます。

そんな業者には必ず注意をしてください!

雨漏りの原因を特定するには、実際に現地で調査しないことにはわかりません。そのため、必ず現地調査を事前にしてくれる業者さんを選びましょう。

この無料調査は、目視での確認がほとんどですが、実際に業者さんと会うことで対応の良し悪しなども事前にチェックすることができます。

 

先程紹介した「雨漏り診断士」「建築板金基幹技能者」といった有資格者をはじめ、多くの実績のある業者さんは無料調査の段階で考えられる原因をいくつも推測し、雨漏り診断・見積もりをしてくれます。

雨漏り調査には、目視以外にも散水試験、赤外線サーモグラフィー調査、雨漏り探知機検査、などもあります。これらの調査は別料金が発生してしまいますが、雨漏りの再発を防ぐため確実に原因を特定するのには効果的です。

目視以外の調査は別途料金が発生する場合がほとんどなので、無料調査がどこまでの範囲か相談をした時点で確認しましょう。

 

低価格(部分修理)でも施工してくれる

ポイント
  • 工事期間が短い。
  • 原因を特定できれば、部分修理で費用を抑ることができる

部分修理は最短で当日〜数日で工事が完了するので、作業期間も短いという特徴があります。

そして、部分修理のメリットは何と言っても費用を抑えることができること。事前調査の段階で原因をしっかり特定すれば、雨漏りは部分修理で解決できます。

 

一箇所だけの雨漏りなのに屋根全体の修理している場合、原因を特定できずにとりあえず屋根全体の工事をしている場合もあるので要注意!

ただ、雨漏りを長い間放置していたりすると内部にカビの発生や老朽化など、至る所で支障が起きている場合もあります。

必ず詳しい説明を受けて納得した上で全体修理は受けましょう。

 

相見積もり歓迎の業者を選ぶ

ポイント
  • 複数の業者と比較ができ、値引き交渉に使える
  • 相見積もり歓迎の業者はサービスに自信を持っていることが多い

複数の会社から相見積もりをとることで、施工内容と金額を比べることができます。

相見積もり歓迎と謳っている業者は、「うちだけじゃなくて他の業者とも比べて決めてね」とサービスの内容や価格に自信を持っていることが多いです。

どこの業者にお願いするにしても、他の業者と比べることで内容と金額を把握して値引きの交渉にも使えるので、相見積もり歓迎の業者さんはチェックしましょう!

 

見積もり後の追加料金なしの業者

雨漏り修理では、工事をしている途中に「思ったより傷んでいて修理工程がかかってしまう」といった理由から、見積もりには予定のない追加料金が発生しまうことがあります。

そうなってしまうと想定以上に費用がかかってしまい、トラブルに発展することが多いのが現実です。

なので、追加料金がない業者を選ぶことをオススメします。

見積もりの時点で必ず追加料金が発生する可能性があるか確認しておきましょう!

 

雨漏り業者に依頼する際のポイント

業者選びを間違えてしまうと「業者に頼んで修理してもらったけど、また雨漏りになった」ということも発生しています。

では、業者を選ぶ際に抑えておきたいポイントをチェックしていきましょう。

 

3~4社から相見積もりを必ずとる

先ほども触れましたが、1社だけに依頼して修理を進めるのではなく、必ず複数社から相見積もりを取るようにしましょう。

業者によって修理の方法が違っていたり、同じ作業内容でも料金が異なることがあるので、しっかりと検討することをお勧めします。

総合的な金額だけで判断するのではなく、どんな工事内容になっているのか、不足している修理がないのか確認するようにしましょう。

 

現地調査をしてくれること

雨漏りの状況を直接確認をせずに見積もりをしてくる業者はオススメしません。

作業員が実際の目でチェックして、どんな状況か、どんな作業が必要なのかを詳しく説明してくれる業者さんを選びましょう!

問い合わせの内容や写真だけで状況を判断して見積もりを提示し、工事を進めてくる業者さんは信用しない方がいいです。

後々トラブルの元になりやすいので、こういった業者さんには注意しましょう。

 

無料対応がある業者を選ぶ!

修理が終わった後の次の雨で雨漏りがしたら無料対応と明言してくれる業者はベストです。

雨漏り修理は晴れた日に行います。

そのため雨漏り工事をして、次の雨でふたたび雨漏りまたは別な箇所で雨漏りということは意外と多いです。

なぜ別の個所で雨漏りが発生するかというと、最初の修理で間違った工事をしてしまい水の流れが変わることが一番多い要因です。

もちろん一回の雨漏り修理で直るのが1番いいですが、安すぎる金額の場合は「雨の日の不具合補償があるか?」をチェックしておきましょう!

 

質問や説明が詳しくわかりやすいこと

全国対応をしている大手の雨漏り業者は、実際に作業に来てくる作業員さん加盟店であることが多いです。

口コミを見てもわかるのですが、対応の良し悪しは加盟店によってかなり違います。

なので、問い合わせをする時や事前の現地調査の際に、質問をしたらわかりやすく詳細に答えてくれる担当者であるかを確認しましょう。

工事が終わってから「そんな話聞いてない」と言ったトラブルにならないように気をつけることが大切です。

 

雨漏り修理業者を徹底比較!

雨漏り修理の業者さんをピックアップしてみました。

早速、対応地域、コールセンターの対応やその他特徴など見ていきましょう!

 

業者名 対応地域 見積 費用 コールセンター その他
雨漏り修理110番 全国 無料 25,000円〜
電話:24時間
メール:24時間
 見積もりから料金の変更がない
屋根雨漏りのお医者さん 46都道府県
(沖縄県以外)
無料 詳細記載なし 電話:9〜20時
メール:24時間
 Tポイントが貯まる
雨漏り119 全国 無料 散水調査:78,000〜
赤外線サーモグラフィー調査:180,000〜
電話:9時~17時
(日・祝除く)
メール:24時間
 引き渡し前に散水試験がある
雨漏り修理の達人 全国 無料 詳細記載なし 電話:10時~20時
メール:24時間
自分で職人を選べる。
仲介手数料なし 
 雨漏り博士工房  全国
無料    詳細記載なし  電話:8〜22時
メール:24時間 
 100%全額返金10年保証
明和テック株式会社
東京
神奈川
埼玉
千葉
無料  詳細記載なし  電話:9〜18時
(平日)
メール:24時間
都内であれば助成金が使えるケースあり。
有限会社ジーワーク 東京
神奈川
埼玉
無料 詳細記載なし 電話:9時~18時
(日・祝除く)
応急処理無料
雨漏りの生活救急車 全国 無料 部分修理:2,000円〜/㎡ 電話:24時間
メール:24時間
即日対応可能

※表記は2019年3月現在に調べたものです。

 

比較サイトにもよく名前が挙がる業者が多いので、名前は知っているという方も多いのではないでしょうか。

業者さんのホームページを見に行くと、料金の記載がないところがほとんどで、あっても◎円〜の記載なので、どのくらいの予算がかかるのかは見積もりを取らないとわかりません。

(これはケースバイケースで料金が違ってくるので、料金の提示がないのは仕方がないことかもしれませんね・・・)

 

雨漏り修理は業者によって金額や修理の方法も異なってきますので、必ず1社だけで即決するのではなく、相見積もりを取って担当者の説明も含めて比較をするようにしましょう。

 

おすすめの雨漏り修理業者3つをご紹介!

最初にご紹介した比較表や業者を選ぶ時のポイントも踏まえて、当サイトがおすすめする雨漏り修理業者のトップ3を決めてみましたので見ていきましょう!

1位:雨漏り修理110番

今回、重視したのはサポート体制です。

突然の雨漏りで修理を依頼した時に、電話が繋がらない・・・ということはよくあります。

 

雨漏り修理110番は24時間オペレーターが待機しており、土日や夜中でも電話がつながるというのは安心ですね!

また、消費者にとって1番きになるのがお金のこと。

最終見積もりからは追加料金は一切なしの明朗会計なこともポイントが高いです^^

 

どんな屋根の種類にも対応可能なので、他の一度断られた人でも、雨漏り修理110番なら工事をしてくれたという声も。

必ず相見積もりには入れておきたい業者さんです。

>【雨漏り修理110番】で見積もり依頼をする方はこちら!

▼雨漏り修理110番に無料で相談してみる▼
※相談するだけなら無料!
 

2位:雨漏りの生活救急車

2つ目に取り上げるのは、「雨漏りの生活救急車」。

こちらも日本全国・年中無休で対応しており、がっちりマンデーにも登場した実績のある大手業者さん。

公式サイトも大きくて見やすいので、ポイントが分かりやすい!

 

「適正工事を行うので低価格」「業界最安値に挑戦中」と謳っているので、まずは金額で比較してみたいという人にオススメです。

>【雨漏りの生活救急車】で見積もり依頼をする方はこちら!

 

 

3位:雨漏り修理の達人

雨漏りを修理してくれる職人さんに実際に依頼できる「雨漏り修理の達人」。

 

電話は24時間ではないものの土日祝も対応。

職人さんと直接やりとりすることができるので、スピーディーに対応してくれます。

 

仲介手数料が取られないのも嬉しいポイント!

職人さんは厳しい審査基準を満たした優良雨漏り修理職人なので安心ですね♪

>【雨漏り修理の達人】で見積もり依頼をする方はこちら!

 

まとめ

今回は雨漏り修理業者の比較や業者を選ぶ時のポイントについてまとめてみました!

 

大手の業者さんだと、24時間年中無休というメリットもあり依頼もしやすいですが、実際に作業に来てくれる作業員によって良し悪しがあります。

なので、今回「雨漏り修理業者を選ぶときのポイントは?」で取り上げたように、実際に現地調査をしてくれた担当者の説明のわかりやすさや丁寧さもしっかり見極めるようにしましょう!

 

そして、最後に繰り返しになりますが、1社だけではなく3〜4社相見積もりを取り、ご自身でしっかりと業者を選ぶことが大切です。

▼雨漏り修理110番に無料で相談してみる▼
※相談するだけなら無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!